リスニングに必要な力

音を英語として認識する リスニングで第一に必要なのは話された音を英語として認識できる力です。リーディングでは単語と単語の間にスペースがあるので、どこで区切れてるのか解ります。しかし音声になると単語と単語は区切れずひとつの音の塊として再生されます。つまり「This is a pen」が「Thisisapen」になるわけです。これを耳で聴いた瞬間単語と単語の切れ目を見つけて理解する力がないとリスニングは成り立ちません。
英語の単語と単語がくっつく現象にはある程度法則性があるので、少し鍛えれば対応できるようになるでしょう。
英語を頭の中で訳すことなく理解する リスニングはリーディングと違って話された単語を二度見することは出来ません。話された英文を頭の中で訳してる時間はないのです。つまり英文を頭から理解していく力が必要になります。音を英語として聞き取り、個別の単語を認識することが出来ても、それを文章として繋げて意味を理解しなくてはならないのです。これはリーディング・リスニング問わず使う力ですが、リーディングではゆっくりでも一応読むことはできるのに対しリスニングではある程度のスピードがないと全く太刀打ちできないのでこのページで採り上げました。

リスニング勉強法サイト